ceramicsstar_project

デザイナーceramicsstarのサイトです。オリジナル作品の紹介、建築、美術、日常のことを書いています。

『旧帝国ホテル本館 (ライト館)』のテラコッタとレンガタイル

 1921年当時国際的にも通じるような日本のホテルが今までは無かった東京。

帝国ホテルを日本の名誉あるホテルの地位にまで高めたのがアメリカの建築家『フランク・ロイド・ライト』の設計した『旧帝国ホテル本館(ライト館)』です。建築素材として使用したやきもののことを書いてみます。 

f:id:ceramicsstar:20201011000229j:plain

f:id:ceramicsstar:20201011000217j:plain

日本のホテルの『御三家』と言われるのは『帝国ホテル』『ホテルオークラ』『ホテルニューオータニ』の3つのホテルです。『帝国ホテル』は現在東京と大阪にあります。

 『旧帝国ホテル本館(ライト館)』の建築工事

当時の帝国ホテルの総支配人 林 愛作はアメリカの建築家『フランク・ロイド・ライト』に建物の設計を依頼しました。アメリカで住宅設計を主として行っていたライトはこの建物の竣工にあたっては当初莫大な経費予算超過、工期の延長、設計変更による経営陣と対立が多かったと言われています。結果最後には林愛作とライトは設計・工事を終えることなく途中の段階で帰国してしまいました。その後、設計を引き継いだのはライトの弟子と言われている『遠藤新』が担当しました。そのライト館は1923年の関東大震災にも耐え抜き、1945年の東京大空襲で被害を受けましたが、戦後修復改修され1968年迄はその姿を残しましたが、残念ながら地盤沈下と大谷石の落下や雨漏りなど老朽化と損傷も激しく、反対の声もむなしく取り壊しとなりました。ホテル正面玄関まわりだけは愛知県犬山市の『明治村』に移築されて現存しています。ここは是非見ておくとよいですよ。

f:id:ceramicsstar:20201011004030j:plain

 

■明治村 帝国ホテル中央玄関

帝国ホテル中央玄関|エリア別建造物|文化財|村内の楽しみ方|博物館明治村

 

  ■TOPPAN VR『帝国ホテル・ライト館の再現』

www.youtube.com

建築家『フランク・ロイド・ライト』が設計した『旧帝国ホテル本館 (ライト館)』は日比谷通り側間口約100m、奥行約150m余の広大な敷地に、正面中央の前池、その奥の中央玄関、二層吹抜きのレストラン、高層の劇場棟などの公共空間が連続し、それらを挟むように全長150m・3階建ての客室棟が2列建っていました。 

 f:id:ceramicsstar:20201118233554j:plain

 東京日比谷の帝国ホテルのエントランス入口左横のスペースには現在『旧帝国ホテル本館(ライト館)』壁や柱にスクラッチレンガタイル、テラコッタ、大谷石が施工された原寸のモックアップ展示がされています。建築のパーツやディテールや模型、図面などをじかに見ることが出来ます。 

f:id:ceramicsstar:20201118233909j:plain

現在東京の帝国ホテルのエントランス入口横のスペース

 

 

『帝国ホテル』の建築素材

外装を覆うのは愛知県常滑の土を使った『スクラッチレンガ』です。『テラコッタタイル』そして『大谷石』は壁面や照明としての飾柱まわりなどに使用されました。

f:id:ceramicsstar:20201011004718j:plain

装飾的な照明柱

 

黄色いスクラッチレンガ:ライトが希望した黄色い外装スクラッチレンガは最初焼成の際に焼き締めると茶色やオレンジに変化してしまいました。望み通りの色が出るまでに多くの時間を要しました。愛知県常滑の田土を使用して低い温度で焼成したそうです。

 

f:id:ceramicsstar:20201011004405j:plain

 スクラッチレンガ:レンガの表面に釘で引掻いた筋『スクラッチ』を入れる。実物はこの復元したものとはやや異なり筋の深さは深く、ささくれたワラビの表情も大きい。

  

日本の銘石 大谷石:ライトが建築の外観のモチーフにしたのは京都『平等院鳳凰堂』。照明の組み込まれた飾柱は『行燈』をイメージしているとか。石材は栃木県の大谷石を使用しています。 

f:id:ceramicsstar:20201011004502j:plain

  

 

f:id:ceramicsstar:20201011005230j:plain

 

f:id:ceramicsstar:20201011005314j:plain

当時製造されたテラコッタ

 

f:id:ceramicsstar:20201011004615j:plain

黄色いスクラッチレンガ(奥)とモザイクガラス(手前)

 

f:id:ceramicsstar:20201011005249j:plain

照明用のテラコッタ

 

f:id:ceramicsstar:20201011005814j:plain

煉瓦積からタイル張りに変わる過渡期の建材です。この帝国ホテルのスクラッチ煉瓦が流行となりました。

 

その後官庁(文化庁:旧文部省庁舎)や大学(早稲田大学、学習院大学)、金融機関(第一相互銀行別館)などに「スクラッチタイル」を張った建物が建造されました。  

f:id:ceramicsstar:20201011005636j:plain

ランデブーラウンジ・バー全景。このスケールは凄い。よく見ると床の絨毯はかつてあった『旧帝国ホテル本館(ライト館)』を設計した『フランク・ロイド・ライト』が考案したデザイン柄。2階から見下ろさないとわからないです。

 

f:id:ceramicsstar:20201103165648j:plain

 ラウンジの絨毯ですが、ライトがデザインした幾何学模様は今見ても洗練されていますね。 

日比谷の帝国ホテルには実はいくつかの『フランク・ロイド・ライト』の遺構が残っています。

2Fにある『オールドインペリアルバー』のバーカウンター背面と店内左奥の大谷石や、

壁のテラコッタは、当時のままです。 

f:id:ceramicsstar:20201011010538j:plain

オールドインペリアルバー | 帝国ホテル 東京 | 銀座・日比谷・有楽町エリア

 

 

f:id:ceramicsstar:20201007204251j:plain

   


Frank Lloyd Wright: 1867-1959: Building for Democracy (Basic Art 2.0)

 

■最新ニュース

フランク・ロイド・ライトに師事した遠藤新の設計により、1928年に竣工した〈加地邸〉に宿泊できるようになりました。これは是非に宿泊してみたい。

casabrutus.com

 

 

 

 

ceramicsstarでした。

 

■その他過去記事

 

 下記サイトでオリジナル商品を販売しています。
よろしくお願いいたします。