ceramicsstar_project

デザイナーceramicsstarのサイトです。オリジナル作品の紹介、建築、美術、日常のことを書いています。

【国立博物館・平成館】桃山時代って独創的で凄い【桃山ー天下人の100年】

JR上野駅の『上野公園口』から上野恩賜公園内を通り右手噴水の前方には『国立博物館』更に斜め左手に行くと『平成館』があります。昨年『平成館』で開催された特別展『桃山―天下人の100年』のことを書きます。

f:id:ceramicsstar:20210104235233p:plain

東京都国立博物館平成館

 『桃山美術』みるべき名品

 f:id:ceramicsstar:20201102004044j:plain

安土桃山時代は、1573年室町幕府滅亡から1603年江戸幕府開府の期間のたった30年間。この30年間と言う短い貴重な時間、日本美術史上もっとも豪壮で華麗な『桃山美術』が生まれました。

この展覧会は室町末期から江戸初期にかけての目まぐるしい時代の変化の中、ダイナミックで斬新な当時の美意識による名品が紹介されていました。

日本の美術史の中でも特異な時代で海外貿易の影響もあり一瞬の大きく変化する時代の華のような独創的な日本人の美の価値観をうかがい知ることができます。

 

 特別展『桃山―天下人の100年』

■開催場所:東京国立博物館 平成館2階

■会期2020年10月6日(火)~11月29日(日)

■住所:東京都台東区上野公園13-9

 

f:id:ceramicsstar:20201101012015j:plain

安土桃山時代の狩野永徳の渾身の作 2点を今回の展示で見ることができました。

東京宮内庁三の丸尚蔵館にある『唐獅子屏風図』米沢市上杉博物館にある上杉家の家宝『国宝 洛中洛外図屏風(上杉家本)』です。

 

①狩野永徳の屏風図

狩野永徳筆による屏風図の目玉は『国宝 洛中洛外図屛風(上杉家本)』と

『国宝 檜図屛風』です。

 

f:id:ceramicsstar:20201102010523j:plain

『国宝 洛中洛外図屛風(上杉家本)』狩野永徳筆 室町時代・永禄8年(1565)
 山形・米沢市上杉博物館蔵

[伝国の杜]米沢市上杉博物館/上杉本洛中洛外図屏風

この洛中洛外図は織田信長が上杉謙信の贈ったと言われる初期の永徳の筆によるものです。京都の当時の街の区画がよくわかり、京都市内ですので今の時代でも寺社の位置は大きく変わらずそこが歴史を感じさせます。金色を多用し華やかさと匠の技術を感じさせます。狩野派の絵画は一門のチームで制作対応し、多くのクライアントからの要望や注文をこなしました。

 

 

 

f:id:ceramicsstar:20201102010830j:plain

『国宝 檜図屛風』狩野永徳筆 安土桃山時代・天正18年(1590) 東京国立博物館蔵

 

https://www.tnm.jp/uploads/r_collection/LL_186.jpg

この障壁画を見ると檜の幹の部分にはあまり筆を入れていないのがわかります。しかしながら筆数は少ないが立体感や迫力が半端ではありません。樹の幹や枝の動きも勇壮でダイナミック、激しさを表現しています。それに対して葉の表現は緻密。対照的な二つの画風をひとつに盛り込んでバランスよくスピーディーに仕上げています。

f:id:ceramicsstar:20210105005605j:plain

『唐獅子図屏風』狩野永徳筆 狩野常信筆

右隻:狩野永徳(1543~90)桃山時代(16世紀)
左隻:狩野常信(1636~1713)江戸時代(17世紀)
 右隻は桃山時代の16世紀に、左隻は江戸時代の17世紀に製作されました。『唐獅子図屏風』は秀吉が本能寺の変を聞きつけ、高松城で急遽結んだ講和の際に、毛利輝元に贈った陣屋屏風であると伝えられています。その大きさから城の大広間を飾る障壁画だったとも言われています。
 

収蔵作品詳細/唐獅子図屏風 - 宮内庁

当時の絵画の世界は朝廷や武将たちがクライアント。戦乱で明け暮れ焼失を繰り返す。そして描いても描いても多くの絵画の注文が入る毎日。

この多くの依頼をこなすには、如何に短期間でチームで描き切れるかに掛かってきます。

見どころ・展示構成/特別展「桃山―天下人の100年」:東京国立博物館

 

狩野派一門は狩野永徳をリーダーとしてチーム制により絵の制作を行いました。

安土桃山時代 多くの戦国大名や権力者の注文を受け、狩野永徳の時代が狩野派の頂点といわれ屏風絵をチームで制作しています。しかも短納期。失敗や完成できなければ切腹モノ。まさに命を削っての制作活動ですね。狩野永徳の死因は『過労死』と言われていますので、『天才絵師』とは言えども過酷な労働ともいえる制作活動だったのではと思います。

絵の構図やアイデアも斬新、そして時間が無いので筆の墨や絵の具の入れは、最小限でいかに早く仕上げるかも意識していたようですね。

 

しかしながらこの戦乱の時代ではせっかく仕上がった大作も行方知れず、戦火で建物と一緒に焼失したものも数多くあったようです。

 

②長谷川等伯の屏風図

狩野永徳の永遠のライバル『長谷川等伯』の筆による6曲1双の屏風靄に包まれて見え隠れする松林の風景を筆の素早い筆致で大胆に描き、幽玄の世界もしくは侘びの境地の閑静で奥深い表現。等伯の画力には凄まじいものがある。南宋時代の水墨画が日本において反映され作品で水墨画の最高傑作言われます。この絵は西洋絵画の空気遠近法、抽象画、水墨画の表現の極致とも言えます。とにかく筆使いのテクニックが凄い。 

https://www.tnm.jp/uploads/r_collection/LL_C0028016.X1.jpg

『松林図屏風』長谷川等伯筆 安土桃山時代・文禄2-4年(1593-95) 東京国立博物館蔵

 

 

③茶の湯で使った名品『千利休と古田織部』:茶道具、やきもの

この時代において『茶の湯』は重要な存在。茶の湯は武将にとっては『ステイタス』だった。茶の湯は覇権を争う武将にとってはとても重要なものでした。その席での密談、名品の使用。今で考えると『名物』ひとつで国が買えるような物の価値が異常な時代。それでも彼らはそれら名品の数々を政治的に利用などもしました。

 

■楽家の初代長次郎の楽茶碗:『赤楽茶碗/銘 太郎坊』『黒楽茶碗/銘 禿』

■『黄瀬戸立鼓花入/銘 旅枕』

■朝鮮の井戸茶碗 建窯の油滴天目 信楽、備前、伊賀の水指など時代の名品

■志野、織部、黄瀬戸の時代の名品

■千利休の弟子 戦国大名:古田織部、織田有楽斎、蒲生氏郷の茶杓 

 

 

④桃山美術の到達点『本阿弥光悦/書 俵屋宗達/絵』:和歌巻

『俵屋宗達』とこの時代のプロデューサー的な役割の『本阿弥光悦』の合作です。『重要文化財 鶴下絵三十六歌仙和歌巻』

f:id:ceramicsstar:20210105113802j:plain
『重要文化財 鶴下絵三十六歌仙和歌巻』部分 

[書] 本阿弥光悦筆 [絵] 俵屋宗達筆 京都国立博物館蔵 
シンプルかつ大胆に描かれた鶴の群れ抜群の構成力の宗達の絵に和歌を配置するのは、光悦のデザインセンスは素晴らしいの一言です。

https://www.kyohaku.go.jp/jp/syuzou/meihin/kinsei/item02.html

 

下記サイトでオリジナル商品を販売しています。
よろしくお願いいたします。

minne.com