ceramicsstar_project

デザイナーceramicsstarのサイトです。オリジナル作品の紹介、建築、美術、日常のことを書いています。

独自の世界観による建築『村野藤吾』

昭和の幻想的な内部空間による劇場建築『日生劇場』の建物を設計した建築家『村野藤吾』の建築物のディテールの魅力について書きます。

f:id:ceramicsstar:20200712165416j:plain

 

f:id:ceramicsstar:20200927023822j:plain

 

村野藤吾の建築

 

 

日生劇場

異色の『建築外観ディテール』

 『日本生命日比谷ビル・日生劇場』は建築家村野藤吾(1891-1984、日本芸術院会員、文化勲章受賞者)の設計により1963年9月竣工(設計:村野・森建築事務所、施工:大林組)。鉄骨鉄筋コンクリート造8階建、地下5階。オフィス部分と日生劇場から構成される複合ビルです。

 

f:id:ceramicsstar:20200927024205j:plain

 ■淡紅色の万成石による重厚な外装これは正しい。。

 低層部の柱まわりと上層の開口部の2本の柱との連続性に配慮はしています。 

f:id:ceramicsstar:20200927025250j:plain

■見上げると開口部を支える柱まわりにも軒天周りの連続性がある。

 

 

f:id:ceramicsstar:20200927024113j:plain

 ■開口部のバルコニーの黒の紋様の手摺枠の金物。どこなんだ間違いは。。

 壁面のバルコニーのようにへこんだオリエント風の窓がある

 

f:id:ceramicsstar:20200927024333j:plain

■ピロティ 

ル・コルビジェが初めて住宅設計に使用した柱の2階部分を支える1階の建築空間。

弟子の坂倉順三や前川國男も公共建築に使用したスタイルを初めて民間の建物に採用しました。

 

 

劇場ロビーへ至る入口床には長谷川路可氏による大理石モザイクが続きます。劇場の一階は素通しガラスで囲まれ、玄関ホール(ピロティ)ではギリシア的な柱、白大理石の床となっています。

f:id:ceramicsstar:20200927025611j:plain

f:id:ceramicsstar:20200927025636j:plain

■床の大理石のモザイクは植物が描かれている。

 

 

f:id:ceramicsstar:20200927025624j:plain

■詳細の仕上げやディテールに拘ったハンドル、内部にもさまざまな仕掛けが

見えない部分までの気を遣う村野建築。

 

『日生劇場』の劇場天井に使用した素材は? 


 

f:id:ceramicsstar:20200927030041j:plain

正解はこの劇場内の天井に埋め込まれた素材。
 

 

劇場内は壁天井全て曲面で施工されて、天井には色の付いた石膏に20,000枚のアコヤ貝じゃなく『マド貝』を張ったらしい。

 

村野藤吾はアコヤ貝を使用したと言っていたにもかかわらず実際はマド貝を使用しています。番組でも放送していた光を反射する材料として優れていたのか、調達が出来なかったのか理由は定かでないようです。

 

昔ガラスが無い時代にはマド貝の透過性を利用して窓ガラスの代りの窓にはめられていたから『マド貝』と言われ建築材料として使用していたそうですね。

 

 下記の番組に詳細は語られています。

バックナンバー|新美の巨人たち:テレビ東京

 

 

 

 ■『日生劇場公式サイト』

類を見ない曲線建築

他の劇場には決して類をみない魅惑的な曲線による幻想的な雰囲気を持つ日生劇場。関西中心の現場で活躍してましたが、彼も東京へ進出。『日生劇場』への劇場空間に繋がると言われる『有楽町読売ホール』の入ったビル。現在は『有楽町ビックカメラ店』ですね。

 

当時は日本建築界の関東のエース『丹下健三』の昔の東京都庁と比較されて大きく批判受けました。それを覆すために細部の見えない部分にも配慮した村野の『日生劇場』は歴史に名を残す『劇場建築』です。

 

世界平和記念聖堂

廃墟の様な外観

村野建築に二回目の触れたのは広島に勤めている大学時代の友人の結婚式が行われた 『世界平和記念聖堂』最初外観を見たときはやはり衝撃が走りました。

教会の塔は高く立派なのですが、建物が朽ちているではないですか。やや崩れかけた遺跡のようにも見えました。だがこれは間違った認識でした。敢えてそのように外壁面をラフに仕上げた結果でした。

 

残念ながら当日は外観は改修中で建物全体にシートに覆われて写真は撮影できませんでした。鉄筋コンクリート打放しの柱と梁はモダンですが、広島の土でつくられた灰色の煉瓦は間を埋める真壁風で外壁に模様を描くようにところどころ突き出ており、その部分はほかより強い雨風による経年変化を表現しています。目地も削られ、積んだ人の手の跡も感じさせています。


f:id:ceramicsstar:20200712182622j:plain

簡素で象徴的な内観

シンプルな回廊式の屋根。コンクリートのアーチが美しく荘厳であでやかな雰囲気は一切ない内部空間です。回廊の正面奥にはステンドグラスが控えめに施工されています。

 

思うに『祈りの場』としての教会は本来の神々しさを感じさせる演出的な手法は要らないのではと思いました。ヨーロッパのカトリック系の教会の圧倒される美しさとはまったく異なる観点での教会建築です。

 

f:id:ceramicsstar:20200712182635j:plain

f:id:ceramicsstar:20200712184407j:plain

 

 

■この本に詳細が記載されています。

 

丸栄百貨店

絵画の様な外観

名古屋丸栄百貨店の外壁は既にビルは解体されて何も無くなったモザイク壁画。子どもの頃から知っていて慣れ親しんだ『丸栄百貨店』。ここに壁画があったと知ったのはビル解体の数年前です。まさか故郷のこんな身近な場所にあるとは全く知りませんでした。

 

f:id:ceramicsstar:20200712184057j:plain

 

f:id:ceramicsstar:20200712184118j:plain

 

複雑で装飾的なタイル意匠

村野建築のビルとしては異質な商業建築。小さな開口部や左側の外壁面にはその特徴が見られます。老朽化が目立ちますが、その形状の組み合わせの複雑さや外壁全体のレリーフ形状には唯一無二の設計と言えます。 

f:id:ceramicsstar:20200712184135j:plain

 

f:id:ceramicsstar:20200712184811j:plain
 多数の形状と色によるモザイクタイルを使用しています。

 


点景の演出―照明・家具・建具 (村野藤吾のデザイン・エッセンス)